世界史の中の長崎開港 - 安野眞幸

世界史の中の長崎開港 安野眞幸

Add: ocixyn85 - Date: 2020-12-03 11:17:52 - Views: 2635 - Clicks: 2595

世界史の中の長崎開港 : 交易と世界宗教から日本史を見直す. 15ポイント(1%) すぐに購読可能. 4 形態: xxiv, 300, 15p ; 22cm 著者名: 安野, 眞幸(1940-) シリーズ名: 叢書・歴史学研究 書誌ID: BA8982436X ISBN:. 『世界史の中の長崎開港 交易と世界宗教から日本史を見直す』言視舎 『教会領長崎 イエズス会と日本』講談社選書メチエ 『日本中世市場論 制度の歴史分析』名古屋大学出版会 ; 脚注. 日本中世市場論 - 制度の歴史分析 - 安野眞幸 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が.

本書は近世における貨幣の流通状況について、従来にない視点から論じた第一級の研究書ということができる。その一方で論述は平易なため、近世貨幣と経済発展との関係を理解するうえでの貴重な書籍でもある。本書を読み、貨幣史研究の醍醐味を味わってほしい。”(『経済セミナー』年4・5月号、p. 109) 岩橋 勝 著 価格 6,300円 A5判・上製・456頁 ISBN C3033 在庫有り 詳細を見る. 高田英樹編訳『原典 中世ヨーロッパ東方記』が、『史苑』(第80巻第2号、年3月、立教大学史学会編集・発行)で紹介されました。モンゴル帝国の侵攻はヨーロッパを震撼させ、その世界像に転換を迫った。当時、東方に派遣された修道士や商人たちは何を見、どのように記録したのか。ルブルクやマルコ・ポーロ、ハイトンらの旅行記から、書簡、教会壁画、世界地図まで全15編を原典から翻訳集成し、ヨーロッパによるアジア認識の展開をたどります。 高田英樹 編訳 価格 12,000円 菊判・上製・852頁 ISBN C3022 在庫有り 詳細を見る. 『世界史の中の長崎開港 交易と世界宗教から日本史を見直す』言視舎 『教会領長崎 イエズス会と日本』講談社選書メチエ 『日本中世市場論 制度の歴史分析』名古屋大学出版会 ; 脚注 編集 ^. 齋藤晃編『宣教と適応』が、「毎日新聞」(年3月15日付)で紹介されました。異文化と出会った〈普遍〉の使者たち ——。大航海時代から啓蒙時代にかけて、アジアやアメリカに派遣されたイエズス会士らは、現地社会に適応することで布教を試みる。だが、それは今日なお解決しえない難問の蓋を開けることだった。異文化適応を軸にキリスト教の世界宣教の全体像に迫る、待望の著作。 “. 世界史の中の長崎開港 交易と世界宗教から日本史を見直す/安野眞幸【合計3000円以上で送料無料】. 原田氏には、長崎の開港から近現代 にいたる歴史を平易に叙述した名著『長崎 歴史の旅への招待』もある(中公新書、1964年)。 自治都市としての長崎の歴史は、1970年代に開始された安野眞幸氏の研究によって、初めてそ の詳細が明らかにされた3。それ.

2.これまでに助成を決定した中から、年度中に次の書籍が完成しました。 『東トルキスタン研究』(王 柯著、英語、中文大学出版社) 『戦史叢書第26巻「蘭印・ベンガル湾方面海軍進攻作戦」』(防衛庁防衛研修所戦史室編、英語、ライデン大学出版会). Amazonで安野 眞幸の世界史の中の長崎開港。アマゾンならポイント還元本が多数。安野 眞幸作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また世界史の中の長崎開港もアマゾン配送商品なら通常配送無料。. 教会領長崎 イエズス会と日本: 著者名: 著:安野 眞幸: 発売日: 年06月11日: 価格: 定価 : 本体1,550円(税別) 世界史の中の長崎開港 - 安野眞幸 isbn:: 通巻番号: 576: 判型: 四六: ページ数: 224ページ: シリーズ: 講談社選書メチエ. 世界史の中の長崎開港 : 交易と世界宗教から日本史を見直す ¥800 著者 安野眞幸 著. 蘭信三・川喜田敦子・松浦雄介編『引揚・追放・残留』が、『週刊読書人』(年3月13日号、第3331号、読書人発行)で紹介されました。日本人引揚やドイツ人追放をはじめとする戦後人口移動の起源を、ギリシア=トルコの住民交換を画期とする近代国際政治の展開から解明するとともに、東西の事例を冷戦やソ連の民族政策もふまえて世界史上に位置づけ、地域や帝国の枠組みをこえた引揚・追放・残留の知られざる連関を浮かび上がらせます。 書評 蘭 信三・川喜田敦子・松浦雄介 編 価格 5,400円 A5判・上製・352頁 ISBN C3031 在庫有り 詳細を見る. 引揚・追放・残留 戦後国際民族移動の比較研究. 長崎学; 外部リンク.

安野 眞幸(あんの まさき、1940年10月29日1 - )は、日本史学者、弘前大学名誉教授。. 教会領長崎 イエズス会と日本 (講談社選書メチエ)/安野 眞幸(新書・選書・ブックレット:講談社選書メチエ) - 天正8年、長崎を寄進されたイエズス会は、都市・流通機構を支配し、南蛮貿易から巨富を得た。 「国家総動員」の時代 比較の視座から. 安野 眞幸『世界史の中の長崎開港』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約1件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。.

法と力 戦間期国際秩序思想の系譜. 西平等著『法と力』が、『平和研究』(第53号、年1月、日本平和学会編/早稲田大学出版部発行)で紹介されました。「国際法 vs 現実政治」を超えて ——。第一次大戦後の国際法学の中から「国際政治学」的思考は誕生した。〈国際紛争は裁判可能なのか〉という連盟期の最重要課題を軸に、法と力の関係をダイナミックに捉える諸学説の系譜をたどることで、モーゲンソーやE・H・カーらの思想を新たに位置づけ直す力作。 “「法と力」というやや大げさに見えるタイトルを冠した本書は、その実、平易に訳出されたドイツ語・英語文献を基に、精緻に一つの筋を浮かび上がらせる。その筋というのは、戦間期の国際法学とハンス・J・モーゲンソーやE・H・カーなどをつなぐラインである。従来、我々は二つのラインを観念していた。すなわち、法的な手続きにより頼む楽観的な平和主義の国際法学というライン、そして、それと対峙する力の要素を重視する悲観的な現実主義の国際政治学というラインの二つである。本書は、その中間に、紛争の法的解決を志向しつつも、裁判の限界を基礎づけようとした、忘れられたラインのあることを示す。そして、この系譜が国際. 世界史の中の長崎開港 - 交易と世界宗教から日本史を見直す - 安野真幸 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!.

12: 楽市論 : 初期信長の流通政策: 安野眞幸 著: 法政大学出版局:. 「世界史の中の長崎開港 交易と世界宗教から日本史を見直す/安野眞幸」の通販ならLOHACO(ロハコ)! ヤフーとアスクルが. 飲食朝鮮 帝国の中の「食」経済史. 安野眞幸著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 法政大学出版局,. 本書は十数名の研究者による宣教師の異文化適応という難問に挑んだ重厚な共同研究の成果であり、人間の文明のあり方を問いかける。”(「毎日新聞」年3月15日付、第11面) 齋藤 晃 編 価格 6,800円 A5判・上製・554頁 ISBN C3022 在庫有り 詳細を見る. 宣教と適応 グローバル・ミッションの近世. ショッピングならお買得な人気商品をランキングやクチコミからも. 沢井実著『海軍技術者の戦後史』が、『日本歴史』(年4月、第863号、日本歴史学会編集・吉川弘文館発行)で紹介されました。戦後日本の復興と発展に、海軍技術者たちが果たした役割とは何か。造船、自動車、新幹線開発、土木などで高度成長を下支えした技術継受の全体像を復元、防衛生産も視野にその質的・量的インパクトを客観的に叙述するとともに、技術者たちの敗戦経験の歴史的特質をも浮き彫りにします。 “旧海軍の技術者が戦後の技術発展や経済成長に貢献したことはノンフィクションの作品などで広く知られているが、本書は機械工業や工業教育、技術開発体制の歴史について多くの業績を重ねている著者が、個人史の軌跡に即し、当事者の意識に迫りながら軍民転換、さらには「防衛生産」の登場のなかでの彼らの役割や生き方を描いたものである。.

原典 中世ヨーロッパ東方記. 世界史の中の長崎開港 : 交易と世界宗教から日本史を見直す ¥ 800 安野眞幸 著 、言視舎 、年 、227p 、20cm 、1冊. 林采成著『飲食朝鮮』が、『農業経済研究』(春季号、年3月、第91巻第4号、日本農業経済学会編集・発行)で紹介されました。牛肉、明太子、ビールなど、帝国による「食」の再編は日韓の食文化を大きく変えた。収奪論をこえて、帝国のフードシステムの歴史的意義をはじめてトータルに解明、生産・流通から植民地住民の身体に与えた影響まで、帝国の統治にはたした「食」の決定的な役割を浮かび上がらせます。 林 采成 著 価格 5,400円 A5判・上製・388頁 ISBN C3022 在庫有り 詳細を見る. 『世界史の中の長崎開港 交易と世界宗教から日本史を見直す』言視舎 『教会領長崎 イエズス会と日本』講談社選書メチエ 『日本中世市場論 制度の歴史分析』名古屋大学出版会 ; 関連項目. 資料が残り、また一般にも受け入れられやすい「活躍」を伝えるだけではなく、旧海軍関係団体の呼びかけに応じず「資史料に登場しない無数の技術者」にも目配りしながら戦中と戦後の「連続と断絶」を把握しようとする著者の姿勢は、学ばされるところが大きい。”(『日本歴史』年4月号、p. 安野, 眞幸(1940-) 言視舎 11 論文 近代中国西南部における民間運輸・郵便組織、「麻郷約」(1852年〜1949年)について : 「西南民間運輸巨擘『麻郷約』」の翻訳(一部省略)と若干のコメント. 世界史の中の長崎開港: タイトル読み: せかいしのなかのながさきかいこう: サブタイトル: 交易と世界宗教から日本史を見直す: 著者: 安野眞幸: 著者読み: あんのまさゆき: 出版社: 言視舎: 発売日: 年 12月 20日 : 本体価格: 2200円: isbn. 【銀行振込不可】。【新品】【本】世界史の中の長崎開港 交易と世界宗教から日本史を見直す 安野眞幸/著.

安野 眞幸『歌集 山茶花の恋』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 帝国後のインド 近世的発展のなかの植民地化. 安野真幸 世界史の中の長崎開港 交易と世界宗教から日本史を見直す : 安野真幸 | HMV&BOOKS online本サイトはJavaScriptを有効にしてご覧ください。. 安野眞幸 | HMV&BOOKS online | 1940年生。1973年東京大学文学部大学院博士課程単位取得満期退学。現在、弘前.

 本書は地方史ではなく、政治史、外交史、統治機構、徴税・司法・治安維持・軍事等の諸制度、ローカルなレベルにおける政府金融、流通ネットワーク等の幅広いテーマを扱っており、高度な学術的独創性と論旨の一貫性、トピックの多様性、入門書としての配慮を兼ね備えた稀有な一冊である。インド近世・近代史分野における新たな必読書の出版を喜びたい。. セカイシ ノ ナカ ノ ナガサキ カイコウ : コウエキ ト セカイ シュウキョウ カラ ニホンシ オ ミナオス. 『日本中世市場論―制度の歴史分析―』(安野眞幸) のみんなのレビュー・感想ページです。この作品は8人のユーザーが本棚に登録している、名古屋大学出版会から年10月26日発売の本です。. 『世界史の中の長崎開港 交易と. Kindle版 (電子書籍) ¥1,540 ¥1,540. See full list on unp. ”(『アジア・アフリカ地域研究』第19-2号、p. 4: 山茶花の恋 : 歌集: 安野眞幸 著: 日本エディタースクール出版事業部 日本エディタースクール出版部.

書名: 世界史の中の長崎開港 : 交易と世界宗教から日本史を見直す: 著作者等: 安野 真幸: 書名ヨミ: セカイシ ノ ナカ ノ ナガサキ カイコウ : コウエキ ト セカイ シュウキョウ カラ ニホンシ オ ミナオス. | 安野眞幸の商品、最新情報が満載!. 岩橋勝著『近世貨幣と経済発展』が、『経済セミナー』(年4・5月号、第713号、日本評論社発行)で紹介されました。「三貨制」史観を塗り替える画期的労作 ——。小額貨幣の流通は、庶民の生活水準の上昇を示す指標である。銭貨や藩札などの需要面に注目し、多様性とダイナミズムを内包する日本各地の実態を分析、東アジアにおける徳川経済の先進性を実証します。 “. 田中光著『もう一つの金融システム』が、『農業経済研究』(春季号、年3月、第91巻第4号、日本農業経済学会編集・発行)で紹介されました。日本の発展を導いたのは、日銀中心の銀行システムだけではなかった。現代の郵便貯金や農協に連なる系譜をもつ「大衆資金ネットワーク」が地方経済の安定と成長に果たした役割を、資金供給の実例や制度設計から解明。見過ごされてきた半身に光を当て、経済成長の条件を問い直す意欲作。 田中 光 著 価格 6,300円 A5判・上製・360頁 ISBN C3033 在庫有り 詳細を見る. 世界史の中の長崎開港 : 交易と世界宗教から日本史を見直す: 安野眞幸 著: 言視舎:.

イスラーム世界を含めた世界史的視野に比較宗教論を加え、港市を中心とした交易世界、国際関係における日本社会を鮮やかに描き出す。 世界史の中の長崎開港 / 安野 眞幸【著】 - 紀伊國屋書店ウェブストア. 【最安値 2,420円(税込)】(12/12時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:セカイシ ノ ナカ ノ ナガサキ カイコウ コウエキ ト セカイ シュウキョウ カラ ニホンシ オ ミナオス|著者名:安野真幸|著者名カナ:アンノ,マサキ|発行者:言視舎|発行者. 小川道大著『帝国後のインド』が、『アジア・アフリカ地域研究』(第19-2号、京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科編集・発行)で紹介されました。インドはなぜ英領となったのか。ムガル帝国の衰退と後継国家の群雄割拠のもと生じた在地の大変動をとらえ、中間層権力をめぐる状況の変遷から植民地化の起源を解明、イギリス統治政策の浸透過程を丹念にたどるとともに、近代インドを近世史の発展との連続性のなかに位置づけます。 “. もう一つの金融システム 近代日本とマイクロクレジット. 海軍技術者の戦後史 復興・高度成長・防衛. 210) 小川道大 著 価格 6,800円 A5判・上製・448頁 ISBN C3022 在庫有り 詳細を見る. 森靖夫著『「国家総動員」の時代』が、「中日新聞・東京新聞」(年3月15日付)で紹介されました。第一次大戦後、大正デモクラシー下の日本において模索された民間主体の国家総動員構想を解明、同時代の英米で展開された政策も初めて精査して、その驚くべき重なりを跡づける。ファシズムや軍部独裁をその必然的帰結とみなす通説を大きく書き換え、近代史理解の新たな地平を拓く。 森 靖夫 著 価格 5,400円 A5判・上製・432頁 ISBN C3031 在庫有り 詳細を見る. 『世界史の中の長崎開港 交易と世界宗教から日本史を見直す』言視舎 『教会領長崎 イエズス会と日本』講談社選書メチエ 『日本中世市場論 制度の歴史分析』名古屋大学出版会 ; 脚注 ^.

世界史の中の長崎開港 - 安野眞幸

email: anovet@gmail.com - phone:(555) 916-7642 x 2726

訪ねるふれあう日本の里山日本の里海 全6巻 - 中川重年 -

-> 前田秀幸の早稲田への日本史 - 前田秀幸
-> 食医石塚左玄の食べもの健康法 - 丸山博

世界史の中の長崎開港 - 安野眞幸 - 日本語の謎にズバリ 答える本 日本語倶楽部


Sitemap 1

季節季節の朝が静かに開かれ - 川村信治 - 日清戦況写真 陸地測量部